エリカ健康道場ブログ エリカ健康道場ブログ

酵素玄米の美味しい炊き方をご紹介♪北島家のマクロビ生活(その2)

最近流行りの酵素玄米ですが・・・

実は北島家ではずっとまえからやっています。

どのくらい前かと言うと私が中学生になったばかりの頃からですので、かれこれ30年ぐらい前からです^^;

我が家の酵素玄米にはもち米と小豆をブレンドしているので見た目は完全に赤飯です。

そのため弁当を食べていると、よく友人から冷やかされたのが苦い思い出です。

白米と違って玄米は酸化するのではなく発酵するので、黄色くなってしまったり、不味くなくなったりしません。

玄米は1週間に2回ほどかなり大量に炊いていました。

大量に炊いた玄米は保温ジャーの中で発酵して日に日に美味しくなるので1日目よりも3日目のほうが美味しいのですが、その食べ方が今流行りの酵素玄米に近いとのことです。

玄米ご飯はとにかく腹もちが良くて繊維質がたっぷりなので、お通じには絶大な効果があります。

そのため優光泉酵素と合わせて玄米ご飯を日常的に食べられた皆さんは、ほとんどの方がお通じが良くなったと言われておりましたし、かなり頑固な方でも解消されました。

ちょっと癖のある玄米ご飯ですが女性の皆さんにはとてもおススメです。

ぜひ一度試してみられてはいかがでしょうか?

最後に北島家流の玄米の炊き方(レシピ)をご紹介させていただきます。

最近は玄米を素晴らしく美味しく炊ける炊飯器などもありますが、昔の炊き方なので参考程度にご覧いただけますと幸いです。

うちの場合はいつも5合炊きます。

分量は玄米8に対して玄米もち米と小豆、雑穀を混ぜ合わせたものを2という感じにしていますので玄米4カップにその他の混ぜ合わせたものを1カップです。

自然塩をひとつまみ(適当量)加え1.5倍のお水を入れて火にかけます。

加圧状態になったら弱火で40分炊くのですが、ここの絶妙な弱火加減がポイントです。

40分たったら圧が抜けるのを待って、天地返しをして保温ジャーにうつします。

それを3日ぐらいかけて食べます。

保温ジャーに入れておくと発酵して美味しくなるのですが、周りからカチカチになっていくのでご飯の上半分をくるむようにラップをかけて保存します。

ちなみに圧力鍋を使うので水には浸さずにすぐに炊きます。

圧力鍋は値段が高いですが平和かフィスラーのものがオススメです。

圧のかかり方が全然違うので、もちもちになります。安い圧力鍋だとやはり美味しく炊けないのです。

スポンサーリンク