エリカ健康道場ブログ エリカ健康道場ブログ

ビジネスパーソンに話題!疲労回復専門ジムZERO GYMで優光泉!

こんにちは、エリカ健康道場の成吉秀明です。

最近、「はー、疲れた」が口癖になっている気がします。

「仕事疲れ」「運動疲れ」「気疲れ」など疲れにも色々ありますが、年齢と共に疲れが完全に取れた状態になる事って難しくなってきますよね。

子供の頃の様に夏休みにプールで泳いで昼寝した後の様な、「全快感」って久しく無いような…

そんな疲れた大人の方におすすめしたいのが「疲労回復ジム」です。

スポーツジムというと筋トレマシーンが並んでいるイメージですが、ゼロジムは疲労を回復する目的でプログラムが組まれたジムなんです。

渋谷区千駄ヶ谷と新宿にスタジオがあり、独自のメソッド「エグゼクティブ・コンディショニング」などの出版もされています。

以前よりご縁あって酵素ドリンク優光泉をお客様にサンプリングして頂いている、疲労回復専門ジム ZERO GYM(ゼロジム)さん。

プログラムディレクターの松尾伊津香さんは福岡県のご出身で、ご両親はお隣の佐賀県唐津出身という事もあり、同じ佐賀県にあるエリカ健康道場は身近に感じていただいていたそうです。

試飲以外にも「ファスティングコース」にも優光泉をご活用いただいています。

元々あった2ヶ月の「集中コース」にプラスして、まずは食生活の乱れを治すために最初に優光泉で3日間断食をやって頂き、その前後にインストラクターによる食事の指導も組み合わせたコースです。

プログラムディレクターの松尾伊津香さん

ゼロジムさんでは優光泉の試飲とファスティングコースでの活用を頂いています

ーー3日間断食を初めてされる方がほとんどだと思うのですが、特に男性はファスティングの知識をお持ちでない方も多いので、人生初の断食に抵抗がある方多いんじゃないですか?

松尾 結構ストイックなコースなんですが、意外なことに男性の方に人気があります。

ただお仕事のお付き合いや家族の予定などで、食事の予定を外せなくてスケジュールの確保が大変な方が多いですね。

スタート時期さえ決まってしまえばあとはすんなり始められるのは、渋谷という土地柄IT系にお勤めの方や経営者の方も多いので、流行にアンテナを張っているから抵抗がないのかもしれませんね。

もともと「疲労回復ジム」に通われてるぐらいなんで。

ーー確かに、IT系の方が集まって、ファスティング合宿やっているのを聞いたことがあります。

他にもトライアスロンやられてたり、やるなら徹底的にやる感じなのかもしれませんね。あと男性は食へのこだわりがそこまでないのかもですね。

女性は食べることがストレス解消になっていたり、何より家族の食事の準備をしなければいけなかったりすることも多いので。

オリンピックスタジアムを見ながらトレーニングできる素晴らしい環境!「ゼロジム千駄ヶ谷スタジオ」

松尾 3日間の断食をプログラムに入れているのはこれまでの食生活に一度ピリオドを打っていただく意味合いもあります。

終わった後にまた元に戻ってしまっては意味がないので。「ファスティング前」と「ファスティング後」で食生活を変えるターニングポイントにしていただいています。

ファスティング後は味覚も敏感になるので「一生太らない魔法の食欲鎮静術」の内容も交えつつ、食べる量はもちろん味付けの濃さも考えていただきます。

「そんなに食べなくても大丈夫だな」とか「薄味でも満足できる」とかですね。ファスティングコースでは3日間断食の前と後でインストラクターによる食事指導も行います。

社内に管理栄養士がおりますので、まずはお客様の普段の食事を個別に分析します。そして3日間断食後にその内容を踏まえて何が多くて何が不足しているのかを指導しています。

例えば「脂質が多くて食物繊維が不足している」とかですね。それを面談してから食事内容をカスタマイズしていくんです。

ーーすごい、そこまでやられるんですね。

松尾 結果を出された男性はお酒を辞めたわけでも、炭水化物を抜いたわけでもなく、ファスティングをして食生活を改善、ゼロジムのプログラムを取り入れただけなのでお仕事的に支障が少なくストレスもなかったととても満足されていましたね。

ーーファスティングってどうしても女性がやるイメージが強いんですが、実は働き盛りの男性に向いている面もありますね。

松尾 男性はやると決めたからにはストイックにされる方が多いし、ファスティングはルールさえ把握すれば実は面倒くさくなくシンプルなんで男性向きだと思います。

スケジュールさえ確保すれば仕事やプライベートに影響なくできるし、空腹時は頭が冴えてむしろ仕事も捗るのでビジネスパーソン向きなのかもしれませんね。

ーーなるほど!優光泉のユーザーは圧倒的に女性が多いのですが、働き盛りの男性にも勧めたいなと改めて思いました。目指せ!疲れを残さない生活!

今回はお話ありがとうございました。

スポンサーリンク