エリカ健康道場ブログ エリカ健康道場ブログ

酵素は死んでるから酵素ドリンクは飲んでも健康には意味がない?

エリカ健康道場、店長の北島です。

ここ数年の酵素ブームで酵素についての良い評価も悪い評価も多くなってきたな~と実感する今日この頃…

25年以上も前から「酵素一筋」でやってきている私どもとしましては

良くも悪くも酵素飲料については、だいぶ誤解があるな~と思ってしまうのです。

実は酵素を紹介されている色々なサイトの影響で、最近お客様からよく同じ内容のご質問をいただくので今回はその回答をご紹介したいと思います。

少し長いですが、酵素飲料の真実といった部分でもありますので、もしご興味のある方はぜひご覧ください。

Q、 酵素は胃の中でアミノ酸に分解されてしまうため食物酵素を摂っても意味がないのではないですか?

また、熱殺菌をすると酵素が死んでしまうとも聞きましたが、その点は大丈夫ですか?

A、酵素飲料、酵素ドリンクについてはすごく誤解をされている方が多いのですが

酵素飲料は酵素がたくさん入っている飲み物とか、生きた酵素を摂取出来る飲み物だとのイメージがあるかと思います。

本来は酵素飲料とは体内酵素を増やすための材料、つまり野菜のエキスや酵母菌が入っている飲み物です。

納得する主婦の画像

そのため、正式な呼び方は「補酵素飲料」近年は短縮して「酵素飲料」と呼ばれることが多くなってきているため

酵素飲料には生きた酵素が、たくさん入っていると思っている方がすごく多いのですが

実際は酵素飲料は酵素そのものではなく、体内酵素を増やすための材料である野菜のエキスが
たくさん入っている補酵素食品
なのです。

酵素飲料が酵素を摂取するための飲み物であれば、最近よく言われているように胃で分解されて体内酵素になることはないので

何の意味もないものだと言えるかもしれませんが、酵素飲料本来の意味が体内でつくられる何万種類もの酵素の材料になるものだという事が分かれば

とても意味があるものだということを、ご理解をいただけるかと思います。

また、何年か前に法律が変わった際に酵素飲料は大きなくくりで「清涼飲料水」というジャンルになりましたので

酵素飲料も法律で熱殺菌する必要があります。

酵素飲料の場合は約70度で15秒の熱殺菌というかたちに定められておりますので、優光泉も上記の方法で殺菌しております。

ただ、現在様々な説があり酵素飲料の中の酵素は高温殺菌すると死滅すると言われたりもしていますが

酵素は物質ですので、生きることも死ぬことはありません

といった感じでご回答をさせていただくのですが、中にはすごくびっくりしたしためになったとおっしゃって下さる方もいらっしゃいます。

スポンサーリンク